激安10GbE計画(1)MikroTik CRS305-1G

だいぶまえにASUSTORのAS4004Tを導入,リンクアグリケーションを検証したがいまいち評価に困る結果になった

やはり10GbE化が必要か,でもたかいしな.
とくにスイッチが高い,一番安いネットギアの4ポート10GbEのスイッチ XS505M-100AJSで4万5千円かあ,QnapのスイッチQSW-804-4Cが5万ちょっとRJ-45は4ポートでSFP+も含めると8ポートでお買い得感はあるけどやっぱり高いな-ーーーー.

その昔1Gbpsのスイッチの出始めはこのくらいしたのかなとは思っているが(NETGEAR GS104が2002年頃に7万程度)いまはやっぱり4ポートで4万以上は厳しいかな.

で,調べてみると2018年の10月くらいからネットの一部で話題になっているスイッチがある.MikroTik CRS305-1G 

SFP+のポートしかないが120ドル程度,1万3千円程度,これはやすい.

MikroTik って聞いたことのないメーカーまた中華系かと思い調べてみるとラトビアのメーカーらしい.ヨーロッパあたりでは低価格で有名らしい.ただググるとそれよりもルーターOSのセキュリティホールから知らない間にマイニングさせられていた(2018.5)という悪名を持つメーカでした.
まあ,内部のスイッチに使うからいいか,実験だしということで買うことにした.

日本のAmazonでも取り扱っている業者があるが,ちょっと高かったり1月くらいかかるので,いっそのこと本場で買おうと思った.色々調べてみるとwww.eurodk.comで買われている人がいたので,まねてみた.顛末は前の投稿にあったようにpaypalでしか支払いできなかったが無事支払い終了.あとは製品を待つだけ,ちなみに今回購入したのは

送料は5日程度で手もとに届くFEDEX INTERNATIONAL ECONOMY(5-7 BUSINESS DAYS)で22.12ドル,一番安いのでNATIONAL POSTAL SERVICE(15-45 BUSINESS DAYS)は13.34どるそれにpaypalの手数料しめて256.90ドル2万8千円ていどこれはやすい.これにPC側のスイッチが必要だがとりあえず
を購入.

さてさてどうなるか,たのしみである.



コメント

このブログの人気の投稿

Windows10デフォルトゲートウェアに0.0.0.0が追加される

RealTekのサウンドドライバー